【吉野家】大判のお肉が柔らかウマー!最新の牛すき鍋膳を食べてきた

吉野屋最新の牛すき鍋膳を株主優待券で食べてきました!

吉野家で最新の【牛すき鍋膳】を食べてきました。
牛すき鍋膳は冬だけの期間限定メニューで、誕生して10年目!
とても美味しくて私の大のお気に入りメニューです。
毎年必ず食べています。

最新の牛すき鍋膳は2023年10月19日から販売開始されました。
販売が終了するのは春が来る前でしょうか?
美味しいから終わる前にもう一度食べたいな。

今回は株主優待券を使って【牛すき鍋膳の大盛】を注文し、ご飯を大盛りにして食べてみました。
それでは吉野家の牛すき鍋膳をご紹介していきます。

まずは牛すき鍋膳の価格などを見ていきます。

吉野家の牛すき鍋膳の価格は、
・並盛が税込787円
・大盛が税込897円です。
※一部店舗・テイクアウトの場合は価格が少し違います。
テイクアウトの場合は漬物がつきません。

並と大盛の違いは肉の量です】
大盛は並と比べて肉の量が1.3倍くらい増えているそうです。
野菜やうどんの量は並と大盛どちらも同じ量です。


プラス税込327円で肉2倍盛にもできます。
並と比べるとお肉が2倍の量です。

ご飯の量は増量・おかわりは無料です。
ほとんどの店舗で実施しているようですが、気になる方は
ご飯増量・おかわりについては取扱い店舗をご確認ください。

今回訪れた吉野家は小田急登戸駅店ですが、アクセスがちょっとわかりにくいのでかる~くご説明していきます。
私がこの店舗に行くときは、JR南武線から小田急線への乗り継ぎで登戸に訪れた時です。
その流れで吉野家への行き方を追っていきたいと思います。

この日は乗り継ぎで登戸に訪れたので、小田急登戸駅構内から吉野家へ向かいます。
JR南武線から乗り継ぎで小田急線の駅構内に入ります。

電車の乗り継ぎで来た場合、小田急線の改札を通ってしまうと吉野家にたどり着けないので注意です。

小田急線の駅構内に入ると「小田急線のりば中央改札」がふたつあります。
ひとつはセブンイレブンがそばにある改札、
もうひとつは上の画像のような改札です。
吉野屋に行くにはセブンイレブンがないほうの改札に進みます。
上の画像の、この改札の右手に階段があるのでこの階段を降ります。
※改札を通るとたどり着けません。

ちなみにセブンがあるほうの改札を通ると、箱根そばのお店があります。

階段を降りると吉野家・日高屋・ドトールがあります。
階段を降り切ると、まず見えるのは日高屋です。すぐとなりに吉野家があります。

中央改札口右手の階段を降りると吉野家が見えてきますが、こちらは出口専用なので入れません。
右手にある階段を上って左手に入口があります。

こちらがこちらが吉野家・小田急登戸駅店の入り口です。
お店を出る時はこちらからでも出られます。

電車ではなく地上から向かう場合は「小田急マルシェ登戸」という建物を目指すと吉野家が見つかります。
吉野家は小田急マルシェ登戸の1階にあります。

それでは入店~。
店内の様子や席の感じをみていきましょう。

こちらはカウンター席です。
L字カウンターで席の数は8席ほどあると思います。
カウンターのテーブルの下にはちょっとした荷物なら入れられる棚があります。

何年かぶりに来ましたが、店内の雰囲気が明るくなりましたね~内装がきれいになったなぁ…。数年前に来た時は暗くて狭い感じだったのに(失礼…)
どうやら2022年にリニューアルオープンされたそうですね。
明るい雰囲気で女性でも入りやすい雰囲気になって好印象です。

入り口付近にテイクアウト専用のカウンターがあるのもいいですね。
持ち帰りの注文や受け取りって結構煩わしい思いするんですよね。
これはありがたい配慮です。

こちらはテーブル席です。
二人掛けのテーブル席は5卓だったと記憶しています。
テーブルを2つくっつけると4人座れます。

荷物が多かったのでテーブル席があって助かりました。テーブルが2つ並んでいた席だったのでゆったり過ごせました。

それでは、牛すき鍋膳のメニュー表です。
注文するものは決まっていますが一応メニュー表を見ておきます。

お目当ては【牛すき鍋膳】
一緒に来た夫も同じく牛すき鍋膳を注文します。夫は並盛、私は大盛を注文します。

なんとご飯増量無料とな…!しかもおかわり無料!吉野家さん、神…!
ご飯が大好きなので嬉しいサービスです。

すき焼きは飯が進む味なので迷わずご飯大盛りを注文。
いっぱい食べてお腹いっぱいにしちゃおう。

注文してからさほど待たずに、牛すき鍋膳がきました〜。
さすが「うまい安い早い」の吉野屋。
では牛すき鍋膳を見ていきましょう。

こちらが最新の牛すき鍋膳(大盛)です。
ご飯大盛りで生卵とお漬物がついて税込897円!1000円切ってるよ!
吉野家サイコーだな~!
増税と値上げラッシュで苦しんでいる庶民にとってありがたい価格設定ですよ。

それではアッツアツの牛すき鍋膳をじっくり見ていきましょう。

牛すき鍋膳、大盛です。豆苗の鮮やかな緑色が美しいですね。
大盛だからお肉がいっぱいだ~!(並と比べると1.3倍)

具材は大判の牛すき焼き肉、豆苗、長ネギ、絹豆腐、白菜、きしめん、にんじんです。
きしめんはリニューアルして少し太めになり、たれもリニューアルしました。

リニューアルされたたれは、昆布・かつおぶし・椎茸を配合してさらに牛肉のエキスを追加しています。

昆布はグルタミン酸、かつお節(イノシン酸)、椎茸(グアニル酸)が含まれていますが、この3つは三大うま味成分と呼ばれているうま味です。

うま味というのは、5つの基本味(甘味・酸味・塩味・苦味・うま味)のひとつです。
例えていえば、かつおぶしからとったお出汁。
このお出汁を飲んだ時に感じる、なんともいえない深い味わい…それが「うま味」という味です。

うま味は単独でも奥深い味と香りですが、相性の良い食材(グルタミン酸を多く含む食材)と掛け合わせるとさらに美味しさが増します。
吉野家さんさすがです、わかっていらっしゃる。

吉野屋の牛すき鍋膳は毎年食べていますが、たれの味がどう変わったのか楽しみです。
お鍋の下にはグツグツと煮込まれていていい香り…あまじょっぱい香りって腹減るわ〜!
固形燃料で火にかけてあるのでアッツアツが持続!

ご飯は大盛りにしちゃいました。なかなか良い感じの炊き具合で美味しそうです。

すき焼きとくれば白い飯、もうそれだけでいいんですよ。
ご飯を大盛りにしたのでがっぷりいただきます。

すき焼きの最強相棒、生卵。
なくてもいいんじゃないかと思う時もあるけど、やっぱりあるほうが美味しさが増しますね。
卵が別料金じゃないのが素晴らしい。

それではいただきまーす。

私の食べ方は、まず最初の一口は牛丼風に楽しんでから。
牛丼風を楽しんでからすき焼きを味わいます。
鍋からお肉を1枚取り出し、ご飯に乗っけて、ちょこっと七味をふりふり。
これで「ほぼ牛丼」になります。
まずは肉と飯だけの美味さを味わう、これがね~美味いんですよ。

牛すき鍋膳のお肉は大判だからお肉のうまみがガッツリ感じます。
ご飯を包んで食べるとウマーイ!くさみもないし筋っぽさもなくて柔らかい~!
牛丼のお肉より柔らかいような気がします。

すき焼きのつゆを吸って美味しくなったお肉とご飯。
美味いに決まっています。
ここで紅しょうがを乗せてもいいのですが、生姜の辛味で舌の感覚が少し麻痺するのでこの後のすき焼きの味を堪能することが出来なくなる…ということでここでは紅しょうがは使いません。
まずはお肉とご飯、ど直球の味を堪能します。

牛丼風の味を楽しんだら、すき焼きを存分に味わい楽しみます。

アツアツのお肉を生卵にからめて。
まだそれほど煮詰まっていないのでお肉はあっさりした甘辛味。
ほんのりあまじょっぱいお肉に生卵の甘みとまろやかさが加わって美味いです。
そしてご飯で追っかける。
お肉は大判なので食べ応えありますね、そして柔らかくて美味しいです。

ん~!美味くてお箸が止まらないですね。

ご飯はお肉と生卵の旨味をすべて受け止めて、おおらかに包み込んで…なんて美味しいんだろうか。
飯と肉と卵、どシンプルだけど美味い。

この日は疲れていたせいか、紅しょうがをいっぱい食べたい気分だったので…。

紅しょうがをお鍋に投入〜。

ちょっと反則技ぽい食べ方ですが、これがなかなか美味しかった。
食べ方は無限大、思いのままいきましょう。

でも紅しょうがの味が全体にいかないように肉の上で鎮座させて食べ進めていきます。

お野菜もたっぷり入っています。
くたくたに煮えた野菜は甘じょっぱい味が染み込んでメシが進む美味さ。

ねぎは火が通るとトロトロになって甘くて美味しいですね。
お豆腐や白菜にも甘辛味が染み込んでいて美味しい。

甘辛味なんだけど少しあっさりめですね。このあっさり感が以前のたれとの違いです。

お肉と野菜別々に食べてもいいけど、みんな全部生卵にからめたのも美味いですね。
すき焼きの美味さ全開です。

甘辛味に卵のまろやか~な甘みが加わって、最高に美味しいし最高に良い気分です。
時々ご飯をはさんで、すき焼きの美味さを存分に楽しみます。

すき焼きの美味しさを堪能しつつ、時々牛丼風も楽しんじゃいます。

少し時間が経過したので、お肉に味が染み込んでいい感じの味になっています。
これがね~美味いのよ。
卵にはからめず単体で、紅しょうがと一緒にいただきます。

食べ始めて時間が経過したわりにはつゆが濃くなりすぎていませんね。
すき焼きって煮詰まると味がどんどん濃くなるはずなのに、そこまで濃くなりすぎていません。

煮詰まった濃ゆ~いのも美味しいんですけどね。
後半戦になってもほどよい甘辛味です。美味しいね。

こちらはきしめん。
リニューアルされたそうで以前のものより少し太めになったようです。

ん~。
きしめんより普通のうどんのほうがすき焼きに合うんでないかな。
(スーパーで売っているような普通のうどん)

すする時にきしめんの平たさがどうも気になるというか。
ちゅるんっとスムーズにすすれないのが気になります。
特に卵につけるとより感じてしまうんですよね。
太さが問題なんだろうか?去年とかそこまで気にならなかったんだけどな。

このあたりは人の好みですね…食感的にいえば普通のうどんのほうがすき焼きには合うんじゃないかと思います。味は問題なく美味しいんですけどね。

お肉と一緒にきしめん。
美味しいけどこのきしめんがなんだかすすりにくいぞ。

お漬物もいただきます。
すき焼きを堪能している合い間に、そして食後にお漬物は大活躍です。

吉野家の浅漬けって昔からずっと変わらず美味しいですね~絶妙な味付けです。

もりもり食べてお腹いっぱい…大満足です。
美味かった。アッツアツのすき焼きと白い飯、文句のつけようがないです。

しばら~くひと休みしてからお会計をして帰ります。腹いっぱいで動けん…。
支払いは株主優待券を使います。

こちらが吉野家の株主優待券で支払います。
家の近くに吉野家がないので食べる機会がないのがさみしい。

牛すき鍋膳、美味しかったです。
リニューアルされたつゆがいいかんじですね。
椎茸のだしが入っているからか、優しいまろやかなうま味を感じました。
昆布・かつおだし・椎茸の3種類の「うま味」が複雑に絡むとより美味しくなりますね。お見事です。

食べ終える寸前まで煮詰まらず味が濃くなりすぎないのもいいですね。
ゆっくり食べても最後まで美味しい味のままでした。
きしめんについてはできれば普通のうどんに変更してもらえると私は嬉しいかな。

牛すき鍋膳、10周年おめでとうございます。
これからもこの美味しさが続いていってほしいですね。

牛すき鍋膳は冬季限定メニューです、終わる前にぜひどうぞ!
私ももう一回食べたい~。

吉野家 小田急登戸駅店
営業時間
平日と土曜日は4時~2時まで
日曜は4時~1時まで
祝日は5時~2時まで
年中無休
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3437-2

コメント

タイトルとURLをコピーしました